信貴山最古の宿坊 金運招福 銭亀善神のお寺

信貴山最古 大本山千手院

  • HOME »
  • 信貴山最古 大本山千手院

 

Arrow
Arrow
Slider

信貴山最古の千手院

大本山千手院は信貴山内で最古、由緒ある塔頭(たっちゅう)寺院です。塔頭形式とは、一つの本堂を多くのお寺(子院)が兼用する寺院形式をいいます。
なかでも千手院は代々の信貴山寺の住職の住坊で、その弟子が各塔頭に派遣されていました。そのさまは「信貴山雑記」において「千手院は信貴山の総本家なり」と記されています。
千手院護摩堂は毘沙門天王。大悲閣は千手観音。銭亀堂は銭亀善神。観音堂は十一面観音をお祀りしてます。
平安期後期、千手院の護摩堂が中興の祖・命蓮上人に開かれてから、今日まで欠かさず毘沙門護摩の秘法が厳修されています。

毘沙門護摩 於千手院護摩堂

護摩堂と毘沙門護摩

毘沙門天王について

天正五年(1572)、松永の兵火で信貴山の堂塔六十余宇が炎上した時、本尊の毘沙門天像を守ったのは千手院の僧・快信上人です。『千手院代々記』によれば、快信は本堂の焼け跡に仮堂を建てて本尊を安置。さらに信貴山千手院を再建したと伝えられます。
ゆえに当山の開祖は聖徳太子、中興開山は命蓮上人、中興元祖は大阿闍梨快信上人となります。
信貴山千手院 歴代住職
中興第1世 快信
第2世 快恵
第3世 快盛
第4世 快秀
第5世 快典
第6世 快誉(快誉の弟子覚如が玉蔵院初代住職)
第7世 快雅
第8世 快宥
第9世 快応
第10世 快清(弟子の快栄に成福院を復興させる)
第11世 快音
第12世 快円
第13世 本證
第14世 盛延
第15世 真道
第16世 真叡
第17世 真弘(信貴山真言宗初、後七日御修法の大阿闍梨を勤め、真言宗長者に成る)
第18世 真瑞(現貫主 現信貴山真言宗管長 朝護孫子寺法主)

田中眞瑞 管長 近影

田中眞瑞 『聖徳太子と毘沙門信仰』 巡る奈良より
参考 信貴山の年譜 pdf

ご祈祷と宿坊

信貴山千手院は大般若祈祷と毘沙門護摩を修し、毘沙門天王への様々なお願いごとをお祈りする根本道場です。

詳しくは 信貴山のご祈祷とご供養

大般若祈祷

 

参拝者が泊まれる山内最古の宿坊です。宿坊とは皆様の信貴山へのご参拝をお世話する、宿泊できる寺院をいいます。

詳しくは 宿坊千手院に泊まる
ゆえに単なる宿泊ではなく、参籠(さんろう)する気持ちでお泊まりをいただければ幸いです。
千百年余の歴史を持つ日護摩や様々のご祈祷、座禅や写経の修行など、心の安らぎと豊かさへの道場として門戸を広く開き、皆様をお待ちしております。

院内のみどころ

千手院のご祈祷、毘沙門護摩を執り行う“護摩堂”、金運を始めとした幸運を呼びこむ銭亀善神を祀る“銭亀堂”、先祖や水子供養。子授け、安産に霊験あらたかな十一面観音を祀る“観音堂”で、様々な心願の成就を祈ることができます。
信貴山で二番目に古い建物であり、江戸時代の姿をそのままに残した本館では、寅、龍 等がいきいきと描かれた襖絵や、江戸の名匠・小堀遠州が作庭したと伝えられる信貴山内唯一の池泉庭園が、訪れる方をひとときの静寂へといざないます。

寅の間

近代設備の宿泊施設や大広間、研修道場のある新館では、宿泊、研修などに対応しています。

千手院のお部屋

 

PAGETOP
Copyright © 奈良 信貴山最古 大本山 千手院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.