10月5日21時 片岡愛之助の歴史捜査

悪人か名将か!?松永久秀の真実を追え!

下剋上の戦国時代。
裏切りと悪行に彩られた生涯を送った伝説の武将がいた。
戦国の大悪人と呼ばれた松永久秀!
かの織田信長も、徳川家康に松永を次のように紹介したと伝えられる。
「この老人、これまで人のようせぬことを三つしよった。
まず足利将軍を殺害した。
主君三好家への謀反が二つ目。奈良の大仏殿を焼いたのが三つ目でござる」
江戸時代に作られた歌舞伎の演目「金閣寺」にも悪漢として登場し、
その人物像はダークヒーローとして広く定着した。

だが、最新の歴史研究で、
松永の悪人伝説は後世に作られたものだった事が判明!
現代に残された数々の証拠から、全く違う人物像が浮かび上がってきた!
悪名高き松永の東大寺大仏殿焼き討ちは冤罪だった!?
東大寺を舞台に繰り広げられた三好三人衆との攻防戦の真実とは?

さらに松永は、信長よりもはるか前に、
天守がある近代的な城を築いていたという。
安土城のモデルとなった久秀の革命的な城とは?
幻の名城を求めて、古都・奈良を現場検証。

そして、松永久秀を最も有名にしたのが、信長軍との死闘の末、
自らの居城・信貴山城の天守に立てこもっての爆死。
しかし、これもまた作り話だった可能性が!この伝説を否定する史料とは?
戦国のダークヒーロー・松永久秀の悪人伝説の真相を徹底捜査!